WORKS

床が繋がる立体公園

TOKYO,2017 public

OVERVIEW

都心の街中の公園の提案。

都心にて一般的に考えられる公園は、地面のレベルにある何もない空地ですが、周囲にビルが立ち並ぶと日当たりも悪く、環境としては憩いの場所にはなりにくいと思います。こちらで提案している公園は、地面のレベルから床が断面的にスロープ状に繋がりながら、地上7階~8階レベルまで登ることができる立体公園です。
床が上下に湾曲しながらつながっていく

都心では、敷地の大きさに限界があるのであまり大きな空地をとることは難しいですが、公園を立体的に織り上げるような形状として、自然光が入り、風が抜ける立体洞窟のような、くつろぎの空間を提案しています。床は上下に繋がりながら、壁のようになったり、ベンチになったり、広場のような空間をつくったりします。単純なフロアの連続ではなく、立体的なワンルームの空間となります。

計画地:東京都
規模:約4000㎡
主用途:公園
構造:鉄骨造
計画年:2017年
設計:IYs -Inoue Yoshimura studio-