WORKS

山折り谷折り図書館

SHIMANE,2016 public

OVERVIEW

島根県のコミュニティ図書館の計画案。

「まちづくり、ひとづくり」を実現することが可能な公共図書館の新しいあり方施設サービスのアイデアを求められた設計競技でした。敷地は周りを山と入り江に囲まれた、住居や公園が隣接する場所です。住居へのプライバシーを配慮して建物を道路側の角へと寄せ、敷地形状に合わせて周りの風景をバランスよく取り込める三角形状の建物としました。そうすることで、周囲の様々な異なる風景を取り込んだ建物にできないかと考えました。

3方向異なる景色を見るように3角形の配置とし屋根を山折り谷折りとして山並みと呼応させた

メイン本棚、クッキングカフェスペース、娯楽室など異なる機能の3つのゾーンを外周スペースに配置して、中央に多目的な用途に利用可能な広場スペースをつくりました。日常的には閲覧・レファレンス・企画図書などで情報アクセスや気軽に会話できるリビングのような場所となります。建具を開閉することで個別の周りの部屋と中央広場を一体にして使うことができたり、本棚のある図書ゾーンを閉鎖すれば、島のお祭りの時には外部の広場と一体的に使うことも可能です。また、雄大な西ノ島の海・空・山をインテリアとして取り込めるように、周囲に開くような形状の起伏をもった屋根形状として設計していきました。異なる機能の3つのゾーンは、起伏する天井によって緩やかく分節され、コミュニティ図書館内を巡る中で海、山、公園、3つの風景が図書館とダイレクトにつながっていきます。

計画地:島根県
規模:約1000㎡
主用途:図書館
構造:木造
計画年:2016年
意匠計画:IYs -Inoue Yoshimura studio- + 木元洋佑建築設計室
構造協力:樅建築事務所
設備協力:環境エンジニアリング