WORKS

進行中の川崎の3階建住宅

KANAGAWA,2019 house

OVERVIEW

川崎で進めている3階建ての住宅。都心に近いエリアということもあり、中高層の住居地域が広がるエリアで、周囲には2階建てと3階建てが立並んでいるが、敷地としては3階建てが建てられる用地が多く、土地の面積も比較的小さめに切り分けられていた。
敷地

敷地は、北側に道路、周囲には密接して住宅が立並んでいた。条件だけみると、暗く日当たりの悪い住宅になるのではないかという施主の不安がありましたが、両サイドの建物は比較的新しい2階建てで、3階のレベルには日当たりを遮るものがなかったことから、敷地上方の光を吹き抜け等を介して、建物内部へと取込む計画で検討を進めています。

一般的に木造の3階建てとなると、地震に対しての壁量の制限が多く、さらに間口が狭く奥に長い敷地形状から、暗い室内というイメージが多いですが、今回の住宅では、スキップフロアの空間構成と、全体的な構造計算により、2階より上の短手方向の壁を極力排除して、1Fに地震力を伝えることで、3階建てにはないような開放的な空間を実現しようとしています。

2階建てと異なり、3階建ては縦に積層された空間になります。デメリットと考えることもできますが、吹抜や階段形状の工夫で上がっていくほどに風景が変わったり、天井の高い空間が楽しめたりと、メリットも多いです。特に、奥に長いウナギの寝床的な敷地形状ではありますが、長手方向の光の抜けをなるべく遮らないように計画することで、光に満たされた明るい空間をつくっています。

断面イメージ

逆に1Fに関しては、耐震要素の壁も多く、閉じた空間として、照明計画を充実させています。井戸の底のような1Fから2階へと上がっていくと、明るく広々とした空間が広がります。都心の密集した立地ではありますが、より快適で、2階建てにも匹敵するような明るく楽しい住まいを実現するということを目標に進めています。