WORKS

進行中の三角ロフトの住宅

KANAGAWA,2019 house

OVERVIEW

神奈川県の川崎で進行中の住宅。

周囲は大規模に開発された分譲敷地で、新規で通された道路の周りに40坪位の敷地が並んでいる。同じような敷地の大きさで、都市計画上の可能延床を考えると、ほぼ同じ大きさの住宅が立並ぶことになるので、建物の平面形状はほぼ正方形として、シンプルな正対象の切妻にして、同じような住宅が立並んだ際に、シンプルでありながら個別性が感じられるように考えている。一方で北側からの斜線の影響で正対象な切妻屋根とすると、軒の高さが低くなるため、各階高は最小限となり、低い天井のフロアが重なっている。

1Fに個室と水回り、収納をまとめ、明るい2Fをリビングダイニングやスタディコーナーとして最大限広い空間を確保した。1Fから2F、2Fからロフトとそれぞれの関係が近いので1F、2F、ロフトといった分断された感覚はあまりなく、家全体が一体感のあるワンルームのようなイメージとなっている。1Fは当面は、小さな子供がいるためほとんど仕切らずに、広々としたフロアとなる。階段を中央にして、ただただ広いというよりは、ドーナツ状にぐるりと回遊できるようにすることで、ワンルームながらそれぞれのスペースの居心地を確保している。

最上階のロフトは平面を対角線に分割しており、柱のない勾配天井をななめに分割している。低いところや、高いところが斜めに交わり、空間に奥行きを与えることを意図している。