WORKS

西麻布のオフィス改修

Tokyo,2021 office

OVERVIEW

港区にある築30年程経過したRCビルのオフィスへの改修計画。

名古屋に拠点を置く老舗の化粧品メーカー熊野油脂株式会社の東京拠点をつくるため、本計画を実施した。

既存建物の状態は比較的良い状態で、手を加えずともそのまま使える程度に定期的な改修が行われている状態だったが、用途が変わることもあり、残すエリアとスケルトン状態にして更新していく部分を分け、改修を施した。1F、2F部分は、インテリアの色調を含めた模様替えを行い、3階部分は半分をスケルトン状態として新たなオフィス空間として作り替えている。排水や空調などのインフラも傷んでいる部分は更新し使える部分はそのままとしている。既存のインテリアは木目や、ベージュ、ブラウンのテイストが主であったが、更新した改修部分に関しては、ブラック、ダークグレー、ライトグレー、ホワイトとすべて無彩色の色調でまとめ、既存を残す部分と明確に分ける計画とした。家具に関しても、その考え方は統一し、全体としてグレートーンのグラデ―ショナルなインテリアとしてまとめることで、既存と新規のインテリア計画を馴染ませるように考慮している。

外観は、もともと2F、3Fに特徴的な水平連続窓があり、そのファサードを踏襲するような形で、1F外壁の外側に被せるような形でスチールの窓とゲートが一体化したサッシを水平に連続する形で設置した。正面からみると、丁度、新旧の水平連続まどが並ぶ格好となり、古い要素と新しい要素が混じった外観となっている。


既存建物外観 水平連続窓と光沢のある外壁が特徴だった

丁度ビルの谷間のようで気持ちの良かった屋上には、社員の憩いの場をつくりたいという施主からの要望から、デッキと日除けのパーゴラを新設しビルが立ち並ぶ都心の中での気持ちよい憩いの場を設けた。デッキや目隠しのルーバー、家具も無彩色の色調でまとめている。

当初は更地にして新築することも視野にスタートした計画だったが、すべてを更新してしまうことは費用もかかるし廃棄物も多くなる。かといってそのまま利用するには、なんとなく古いイメージがつきまとってしまう。素材や色調を部分的に更新し、既存の骨格やデザインを生かしながら、また新たなものとして価値を生み出すことで、さりげなく街並みを現在のものへと更新していくことができるのではないかと考えている。

所在地:東京都港区
規模:約300㎡+屋上
主用途:事務所
竣工:2021年5月
意匠計画:IYs-Inoue Yoshimura studio Inc.
照明計画:IYs-Inoue Yoshimura studio Inc.
家具備品計画:IYs-Inoue Yoshimura studio Inc.
施工:株式会社古崎