WORKS

開閉する茶室

TOTTORI,2006 public

OVERVIEW

鳥取県の里山にある茶室の計画。

里山とは、山と街の中間にある人の手が入っている監理されている山で、この里山も施主である造園家が自身の植物を植えて管理しているエリア。今回の計画に求められたのは、造園家である施主が顧客を招き、自身の考えや計画をプレゼンテーションする場所であり、周囲にない人を引き付ける面白いものを計画してほしいという、ざっくりとした要望でした。敷地には、施主が植えたしだれ桜や、やまももなど、様々な樹木がギャラリーのように植えられていたので、私たちは、それらの植物を鑑賞しながらお茶を飲めるような場所があったらよいのではという提案をして、お施主様やその家族と話し合いながら少しずつ形を決めていきました。

施主は茶道を嗜んでおり、色々な大きさの建物を検討していく中で、小さな茶室程度の大きさの空間を敷地にいくつかちりばめて、季節や気分で場所を変えて楽しめるようになっているほうが、広い敷地全体を楽しめるのではということで、敷地に5つの立方体を計画し、この建物はそのうちの1つ。あとの4つは予算などの関係もあり、まだ建設されていませんが、今後増殖していく予定。
直線のガイドラインに沿って等間隔の立方体が向きを変えながら並べる

各立方体は、外枠で2mの立方体という小さなものとして計画している。壁厚を加味すると、内寸は、1.6m程度のさらに小さな空間で畳2枚分よりも一まわり小さな空間。大人が4人は入れるぎりぎりの寸法に設定してあり、実際に入ると人と人との距離感がとても近くなる不思議な感じになる。立方体は内部ではなく、壁の2面が270°回転しバタンと開くことで、外部になり鳥のさえずりや風で木々が揺れる音を聞きながら、お茶を楽しみという非日常的な体験ができます。とても小さな建物ですが、他のどこにもない体験ができる茶室。敷地に何度か足を運びながら、敷地から内部空間としてしっかりと切り取るよりも、内部であり外部であるような、そういった中間的な存在のものが適切なのではないかと思うに至りました。使う時と使わないときがあるので、使わないときはなるべく里山の存在に溶け込むように外壁には鏡面のステンレスを貼りました。
四角い箱の両側が開いたり閉じたりする

セルフビルドの建物だったので、各木材や金物、ステンレスは工場まで私たちで足を運んで選定し建築するという、とても手のかかった建物。鳥取にいって体験したい方は、IYsまでご連絡ください。

所在地:鳥取県
規模:4㎡×5つ
主用途:茶室
構造:木造
竣工:2007年
意匠計画:IYs-Inoue Yoshimura studio-
施工:IYs+前田造園+学生ボランティアによるセルフビルド