WORKS

桜並木のワンルーム住宅

tokyo,2019 house

OVERVIEW

新しく分譲された土地に建てる新築住宅の計画。周囲は、低層の住居地域で30坪程度の同じような大きさの住宅が並んでいる。敷地は、南東の角地で道路より2m程度上がっており、目の前には広大な公園と、道路沿いに綺麗な桜並木が並んでいる。

大きな吹き抜けや、桜が見える大開口等、様々な要望が出てはきたものの、敷地に対してとれる最大の床面積は限られており、検討していくうちに、吹き抜けを取ることと要望される空間の数が合わないことに気が付き、最終的には吹き抜けを取らずに2Fの床レベルを一般的なレベルよりも1m程度上げて、約3.4mの天井の高いホールをつくる計画とした。

玄関を入ると玄関ホールはなく、まず最初に天井の高いLDKへとでる。このスペースを住宅のスケールというよりは外部が延長された半屋外のスペースのような空間になるように考え、窓の配置も高いところや低いところ、大きさもそろえずにランダムな光でホールが満たされれうように計画している。階段を上がっていくと少しずつスケールダウンし、徐々に従来の住宅のスケールへと変わっていく。大きな公園から桜並木をぬけ、半屋外のテラスのようなリビングを通り、少しずつ上ってベッドルームへと至る。その間には特に仕切りはなく、ワンルームとなっている。

通常住宅を作る場合には、各機能ごとに部屋が割り当てられ、それらをドア等で仕切っていくことで計画することが常ですが、ここでは仕切るということではなく、スケールを徐々に変化させていくことで外部の空間から住宅内部の空間へのグラデーションを作ることを考えた。窓の配置もできるだけ、各部屋の機能から考えるというよりは、光のグラデーションや視線の抜け方を優先して割り当てられている。

結果として、施主は朝日が昇ってから、日が沈むまで、日の光に応じて移動して暮らしているとのことでした。都心近郊のよくある分譲された住宅用地においては、経済性の原理から建物を建てることで精いっぱいで庭等をとる余裕はない場合が多い。そうした状況の中でも、住宅の高さや窓の配置等少しずつコントロールしていくことでより快適で心地よい居住空間を得られるのではないかと考えている。

ちなみに、この住宅の施工は施主である旦那さんが大工で、ほぼ一人で組み上げ、インテリアは奥様が主体となって夫婦共同で作り上げた住宅で、手作りの本棚や、キッチン、カウンターなどがあふれ、住宅ではありながら大きな家具のようにも見え、大きなホールの中にいると公園の中の大きな書斎でたたずんでいるような感覚になった。

所在地:東京都町田市
規模:約106㎡
主用途:住宅+アトリエ
竣工:2019年1月
意匠計画:IYs-Inoue Yoshimura studio-
構造設計:川田知典構造設計
施工:株式会社坂牧工務店
写真:渡邊 聖爾
メディア:100%LIFE
メディア:KLASIC