WORKS

壁に巻かれる居酒屋

SAITAMA,2017 interior

OVERVIEW

埼玉県にあるテナント店舗設計。

計画地はスーパー2Fフードコートの一画で、窓もなく画一的な区割りで特徴の少ないテナント条件でした。昼・夜のファミリー層をターゲットにしたファミレス形式の店舗形態であったので、個々の座席は独立した雰囲気を持つと同時に、店内全体では一体感のある雰囲気が両立できないかと考えました。

私たちは、店舗の外の廊下からぐるぐると旋回させた木の壁を提案し、開放的な座席から包み込まれたような雰囲気の座席まで、異なる雰囲気の座席が一体感を持って緩やかに連続するような空間を提案しました。廊下の方から店内へと続く木質の壁は、店内の雰囲気を外へと発信し、お客さんが入り易いような開かれた雰囲気となるよう考えています。

各席を巻きあがる壁によって柔らかく分節する

また、木の壁には、凹凸がつけられ、照明をあてると柔らかく揺らぎながら浮かび上がるような仕掛けになっています。ふわりとした光に包まれながら、ワンルームでありながら分節されているような、心地よい店内の雰囲気づくりをこころがけています。各テーブルの照明も、和紙をつかったオリジナル照明で、細部までデザインしたプロジェクトです。

質感のある壁を照らす

規模:約120㎡
主用途:飲食店
竣工:2017年
意匠計画:木元洋佑建築設計室 + IYs -Inoue Yoshimura studio-
照明計画:tuki lighting office
施工:株式会社松村工務店
写真:アトリエあふろ(鈴木暁彦)
リンク:焼鳥ひびき庵別館志木駅南口店
受賞:第21回木材活用コンクール 第3部門賞