WORKS

進行中の横浜の社員寮

KANAGAWA,2019 housepublic

OVERVIEW

横浜にある企業の福利厚生のための社員寮の計画。

計画地は、中規模の集合住宅や会社、住宅地が混在するエリア。敷地は広々としていますが、施設を利用する社員のための駐車場の台数を最大限とりたいという要望と、建物は最大限の面積を確保したいという両方のバランスを考えながらの計画です。敷地の高低差は、南側の隣地が1m強下がっている以外は、東西方向、北側も2~5m程度上がっていて、敷地全体がくぼみの中にあるような状態でした。

南側の隣地には住宅が建つ予定でそのことを考慮すると採光面で不利になることが予想されたので、家型とした居住部分を2Fへと持ち上げて、1F水回りや収納、その他のユーティリティスペースを設ける計画としています。丁度、2Fのレベルまでくると、隣地には緑地や、向こう側の山並みが見えたりするため、居住空間の廊下を広く計画し光や風が抜ける社員がくつろげるスペースとしています。


東西断面。居住空間を2Fへと高く持ち上げると緑や山並みがみえる


南北断面。2Fを居住空間とすることで採光面で有利に

社員寮となると、ただただ小さな部屋が並んでいるだけの空間となりがちですが、施設というよりは、大きな住宅のようなイメージで計画を進めています。構造的にもぎりぎり木造で計画できる範囲であったため、木造とし、外壁や内装材関係も、防火の認定のとれた木材を利用することで、通常ビニルクロスやコンクリート系の外壁となるところを、木の質感が生きた、使う人たちにとって居心地の良い空間であり、家のような存在になるように考えて計画を進めています。