WORKS

大階段室の住宅

Koganei,2022 house

OVERVIEW

都心の駅前密集地。夫婦と小さな子供3人のための住宅計画だ。敷地は、密集地ゆえに道路以外の3方を3階建て以上の建物に取り囲まれ建て迫った状況にある立地。道路も北側道路なので、採光面で大変不利な状況だった。施主からの要望は、3階建てだけど明るい室内にしたい。開放感を感じる広い家がほしいといったものだった。ちょうどコロナの最中での設計期間であったために、住宅内に小さなオフィスや書斎も入れ込んだ計画となる。


駅前の建て迫った立地

建蔽率・容積率は駅前なので比較的高く、各必要な諸機能を配置するだけの面積は容易に確保できた。一方で「明るい室内に」という要望に関しては、北側の道路面と隣地とのわずかな隙間、そして上空からの採光を期待するしかなく、本計画の焦点は採光のための開口位置と取り入れた光をどのように、室内にいきわたらせるかに絞られていった。

「おおきな階段室をつくる」

光を取り入れる手段として、家の中央に1F~3Fまで貫く大きな吹抜を設け、その最上部に天窓を設置する計画とした。吹抜は上階へいくほどすり鉢状に広がり、その吹抜に沿うように階段を設けた。3階建ての住宅の場合は、おのずと平面の移動よりも縦方向の移動が多くなる。しかし、一般的な3階建ての住居計画の場合、階段室は平面の隅に追いやられ、残りの空間をLDK等の居住空間に割り当てることが多いが、ここでは、通常隅に追いやられがちな階段室を、吹抜と共に肥大化させて、住宅自体が「大きな階段室」であるかのように計画した。


中央設けた大きな階段と吹抜

リビングやダイニングや、各室は分断された「部屋」ではなく、大きな階段によって緩やかに繋がれ、各フロアーは、階段の踊り場のような存在へと変わる。住まいの中で起こる大小さまざまな行為が、緩やかに繋がりながら、階段を中心とした起伏のあるワンルーム空間となった。3階建ての住宅は、縦の移動が多く階段室についても暗く狭いといったネガティブなイメージが強い。一方で、都心の利便性のある立地では、敷地自体が小さく分割され3階建てを建てる前提の土地も多数だ。そうした状況の中で、階段室という存在をポジティブにとらえ、それらを住まいの根幹となるデザインへと昇華し、住まいと家族とをつなぐ新しい要素へと変えることを考えた。

玄関から最上部まで抜けた階段室は、最上部から眺めると、手摺がぐるぐると繋がっていて、目で見ていても楽しいように計画した。Rに曲がった形状は、生活の移動が多い箇所に角がくることで動線の妨げにならないよう配慮することから生まれた形状で、階段の手摺子もなるべく存在感が少ないリズミカルなものになるようにと、親柱と小柱という形式をやめて、すべてを12Φの小柱のみで、床にスチールの受け材をねじ山を切って埋め込み、手摺子をはめ込むことで構造的な安全性とデザイン性の両立を担保している。

入居後、訪ねた際に、施主が手摺に植物や小物など色々なものを吊り下げていたのが印象的だった。全く意図していない使い方だったが、階段という機能が生活の中に入り込み溶け込んでいるような気がして、とても嬉しい気持ちになった。なお、外観は内部に設けたすり鉢状の階段室の形状に沿って上方へいくほど段々に迫り出している。空調の計画は、いつものように上方へ集まる熱気をファンとダクトによって下階の基礎内へと戻し、室内と循環させることで、3階建て特有の上下階の温度差を解消し外皮の断熱性能を高めることでよりエコな空調計画としている。

所在地:東京都小金井市
用途地域:近隣商業地域(準防火地域)
規模:約144㎡
主用途:住宅+仕事場
竣工:2022年
意匠計画:IYs-Inoue Yoshimura studio-
照明計画:IYs-Inoue Yoshimura studio-
構造設計:川田知典構造設計
施工:株式会社坂牧工務店
写真:渡邊 聖爾

主な素材
屋根:ガルバリウム鋼板
外壁:軽量ラスモルタル+アクリル樹脂系塗装
サッシ:アルミ樹脂複合サッシ(防火)
上裏:インテリアラーチ+オイル系塗装
内壁:ビニルクロス、シナ合板、ラワン合板等
キッチン:グラフテクト
床材:オーク無垢フローリング
バルコニー手摺:アコヤ(一部)

設計期間:約8か月
施工期間:約6か月

メディア:architecturephotonet